【業者目線】スプレー式ゴキブリ駆除剤のメリット・デメリット

スプレー缶モノクロ

 

虫嫌いな人の常備品、ゴキブリ駆除剤

家庭や職場など様々な場面で活躍するゴキブリ駆除剤。

 

みなさんは「ゴキブリ駆除剤」と言えばどんな商品を思い浮かべますか?

 

一般的にはスプレータイプベイトタイプ(食べさせて効果を発揮するタイプ)の殺虫剤が多いのではないでしょうか。

 

私自身が業務で住宅や店舗、病院や事務所などに伺うと、スプレータイプの家庭用ゴキブリ駆除剤がお守りの用に「どんっ」と飾られている所を見かける事があります。

 

そんな家庭用ゴキブリ駆除剤にデメリットがあると聞くと不安でたまらない方もいるかもしれません。

 

でも残念ながら、世の中には万能な薬が無いことはみなさんもご承知の事であり、スプレータイプの駆除剤にもデメリットはあるのです。

 

と言う事で、今回はスプレータイプのゴキブリ駆除剤について少しお話しします。

 

 

スプレー式ゴキブリ駆除剤のメリット

 

  • 即効性がある
  • コンパクトな形状で手軽に持ち運べる
  • コンビニや薬局等で誰でも購入できる

 

我々専門業者が使用する殺虫剤と比べれば入手が容易であると言う点もメリットと言えるかもしれません。

 

ですが、スプレータイプのゴキブリ駆除剤の最大のメリットといえば、やはり即効性でしょう。

 

ゴキブリを見かけたその場で駆除してしまう事に特化した殺虫剤です。

 

スプレー式ゴキブリ駆除剤のデメリット・・・

 

  • 残効性が低い
  • 抵抗性を示すゴキブリがいる

 

スプレータイプのゴキブリ駆除剤のデメリットをあげるとすれば、1つは「残効性」でしょう。

 

市販品のスプレー式ゴキブリ駆除剤は高い安全性が考慮されているため、比較的早期に分解するように製造されています。

 

そのためゴキブリに直接吹き付ける事が原則で、我々業者が予防として使用するような薬剤に比べると残効性は高くありません

 

 

もう一つは「抵抗性」です。

スプレー式ゴキブリ駆除剤はゴキブリを過剰に興奮させて殺してしまう効果の物が多く出回っています。

 

その為に、致死量に至らないような少量を何度も浴びると次第に薬に慣れてしまう事があります。

 

 

もちろん、1匹のゴキブリに少しずつスプレーをかけるなんてことはまず無いと思います。

 

ですが、ゴキブリが繁殖してしまっている場所であちこちにスプレーをかけていると、中途半端にしか殺虫剤のかからなかったゴキブリが薬に強くなってしまう可能性も考えられると言う事です。

 

 

抵抗性の強いゴキブリの駆除は専門業者でも駆除に時間がかかる場合があります。

 

ご自身で対応していてもゴキブリの目撃が減らないときは、出来るだけ早めに専門の駆除業者に相談してください。

 

 

まとめ

 

  1.  ゴキブリにスプレーをかけるときはその場で仕留める!
  2. むやみにスプレーを吹きかけない。
  3. 目撃が多いときは早めに業者に相談する。

 

使用する殺虫剤の特徴を理解する事はゴキブリの対策をする上でとても重要な事です。

今あなたがお困りの現状にはどんな対策が最も効果的なのか、まずはそこを十分に検討してみてください。

 

と言う事で今回はスプレータイプのゴキブリ駆除剤についてでした。

 

 

執筆者 曽谷 智久

 

株式会社防疫管理センター

-害虫駆除専門業者-

〒556-0001
大阪府大阪市浪速区下寺3丁目12番8号
TNビル2F
TEL 06-6633-8026
FAX 06-6633-0968

 

調査依頼ボタン