【我が家にシロアリなんて・・・】シロアリ被害を発見するタイミング その1

リフォーム検討中のイメージ画像

あなたは本物の『シロアリ』を見たことはありますか?

 

おそらく大抵の人は「いいえ」と答えるでしょう。

 

シロアリは、日常生活ではほとんど目にすることはありません。

でも残念ながら、シロアリの被害は毎年必ず、一定数発生しています。

 

そんなシロアリについて、皆さんがどんなときにシロアリの被害を発見するのか、3回に渡ってご紹介します。

 

シロアリ被害を発見するタイミング その1

 

『リフォーム』

 

単にリフォームと言っても色々なリフォームがありますよね。

浴室、トイレなどの水回りのリフォームや住宅全体にも及ぶ大規模なリフォームなどなど。

ここ最近では、中古住宅をリフォームしてお住まいになる方なども増えてきました。

 

ではシロアリ被害を発見するタイミングとは。

 

それは住宅の骨組みとなる木材が見えるような、壁や床が関わってくるリフォームです。

 

実際のケースで説明すると

  • リフォームの工事が始まり、壁や床板を剥がしてみると見えていなかった部分の木材に被害が・・・。

と言ったような相談が多く寄せられます。

 

シロアリは床下から被害が進行することが多く、日常生活では初期段階で気づくことは難しいんです。

 

少し余談ですが、こんなときに施主の方が一番困るのはリフォーム費用の増加です。

シロアリの被害がひどい場合は駆除の他に、補強や部材の交換が必要になることもあり、リフォーム費用に加えて、修復費用が膨らんでしまう事があります。

 

シロアリの被害は人間の病気と同じように早期発見が重要です。

 

とゆうことで今回はシロアリの被害を発見するタイミングとして『リフォーム』についてでした。

執筆者 曽谷 智久

 

株式会社防疫管理センター

-害虫駆除専門業者-

〒556-0001
大阪府大阪市浪速区下寺3丁目12番8号
TNビル2F
TEL 06-6633-8026
FAX 06-6633-0968

 

調査依頼ボタン